レチノール化粧品おすすめ【2018年版】

顔のたるみ、毛穴のたるみ、目元のシワ・・・

それは、年齢とともに肌のなかのコラーゲンが減少してしまうから・・

コラーゲンはベッドのなかのスプリングのように、肌のハリや弾力をたもつ美肌にかかせない成分です。肌のなかのコラーゲンをふやすためには、コラーゲンをつくりだす繊維芽細胞を活性化させなければいけません。

その活性化に必要なのがビタミンAの一種、レチノールです。

レチノールは、エイジングケアに幅広く効果がある成分ですが、刺激の強い成分なので、メリットとデメリットをよく理解してからえらぶことが大切です。

はじめての方でもわかりやすく、レチノールの特徴や使い方についての説明や、厳選した使いやすいレチノール配合化粧品も紹介しています。

すぐにおすすめレチノール化粧品を知りたい方は、『レチノール化粧品おすすめ』をご覧ください。

レチノールとは?

レチノールは、わたしたちの体のなかにあるビタミンAのひとつで、「ビタミンC誘導体」や「ナイアシン」とおなじように、肌のターンオーバーを促進したり、繊維芽細胞を活性化して肌のハリ・弾力にかかせないコラーゲンを増やす成分として最も評価の高い美肌成分です。

でも、紫外線のダメージや加齢によって、肌のなかのレチノールはだんだん減少していくため、シワ・たるみ・毛穴など、様々な肌トラブルが生じてしまいます。

足りなくなったレチノールを、コスメでしっかり補ってあげることで、肌のなかのコラーゲンが生成されて、ハリやツヤのある元気な肌を取り戻すことができます。

肌のなかのコラーゲンは、食べ物やサプリ、コラーゲン配合化粧品でふやすことはできません。コラーゲンを食品で摂っても体のなかでアミノ酸に分解されてしまいますし、コラーゲンは分子が大きいため肌へ浸透しにくく、自分で生成したコラーゲンではないので定着することができないからです。

なので、コラーゲンケアをするなら、レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシン配合の化粧品をつかって、自分のコラーゲンを生みだす繊維芽細胞を活性させて、コラーゲン生成をうながすことが正しい方法です。

肌のハリを取り戻すエイジングケアにかかせない代表的な美容成分のひとつが、レチノールです。

レチノールの効果と使い方

ほうれい線やおでこの深いシワよりも、目元の小ジワや比較的浅いシワのお手入れに向いているため、アイクリームによく配合されています。また、レチノールは油にとける脂溶性なので、美容液やクリームにも配合されます。

紫外線にあたると効果が弱くなるデメリットがあるため、レチノール配合化粧品のお手入れは、夜のみおこなうのが大切です。

日中つかう場合は、レチノールをのせた後に、ファンデーションを塗ると大丈夫です。

よりレチノールの効果をあげるために、ピーリングとセットで使用するのがおすすめです。ピーリングによって古い角質を取りのぞいて、肌への浸透が高まった状態のところへレチノールの補給してあげると、より効果がアップします!

ピーリングの詳細はこちらを参照ください。

30代から増え始める、シワ・シミ・毛穴・乾燥・大人ニキビなどなど・・・ 年齢をかさねるごとに肌の悩みは増えるばかり。。 かといっ...

コラーゲンケアは、ピーリングとレチノールのセットで完璧です。

【レチノールの効果】

・小ジワや浅いシワ

・コラーゲンの減少によるたるみ毛穴(ピーリングとセットで、週1,2回のケアを)

・たるみ

・目のまぶたのたるみによる黒ぐま

・シミ

美容医療では、レチノールと同系統の成分でより強い作用がある医薬品「レチノイン酸」による治療があります。ターンオーバーをうながすため、目の下の小ジワ・くすみ・黒ぐま・シミ・凸凹のニキビ跡などの治療に向いています。費用は、1ヶ月分がだいたい3000円から5000円くらいで、毎日1回の使用で1,2ヶ月継続します。

レチノールの副作用

レチノールは効果の高い成分ですが、そのぶん肌への刺激が強いため、使い始めると肌が多少カサついてしまうことがあります。しばらくして使い慣れてくると落ち着いてきますが、気になる方は、はじめの2週間は2~3日間隔で夜のみ使用して、つぎの2週間は毎晩使うなど、少しずつ使用回数を増しながら肌に慣らしていくことが大切です。

使いはじめのカサつきは、誰にでもおこることで、カサつきがない場合は、成分が弱すぎる可能性もあります。

化粧品によっては、この副作用のないレチノールに似た美容効果があるレチノール様成分クリスマムマリチマムを配合してるものや、段階的にレチノールの濃度をあげていくものなどがあります。

肌が弱い方やどうしてもカサつきが気になる方は、ビタミンC誘導体またはナイアシンでお手入れするとよいでしょう。

レチノール化粧品おすすめ

レチノールの副作用、使いはじめのカサつきを考慮した、はじめての方でも使いやすいレチノール化粧品を厳選しました。

セラミド、ビタミンC誘導体とならんでエイジングケアを代表する美容成分ですので、毎日のお手入れに上手に取りいれたいですね。

アビエルタ ディープモイストクリーム



注目の美容成分「幹細胞エキス」と「レチノール様成分」配合の目元クリームです。

レチノール様成分は、レチノールの使いはじめの肌のカサつきをおさえて、レチノールのメリットだけを実感できるようにした成分です。

女性雑誌にも多数掲載され、皮膚科のお医者様も納得の実力ある化粧品として紹介されました。

アビエルタは、実力派エイジングケア化粧品としてかなり知られてるブランドですので、アイクリームもぜひ試してみたいと思います。

利用回数のしばりがない定期コース初回で申し込むと、本品7,000円を2,800円(送料無料)で購入することができます。いつでも休止できますし、60日間全額返金保証もついてますので、安心してはじめられます。

アビエルタの美容液もすごく使用感が良かったので、アイクリームも期待できそうです。

エンビロン モイスチャーセット


エンビロンは、世界70ヶ国、国内1800ヵ所以上のサロンや皮膚科でつかわれている信頼と実績のあるスキンケアブランドです。

レチノールを段階的に肌に浸透させるステップアップ方式なので、はじめての方でも安心して使いはじめられます。

皮膚の専門家や芸能人など美意識の高い方の愛用者が多く、 一度使うとやめられなくなるという声が多い化粧品です。

クレンジング・ハイドロキノン配合洗顔料・化粧水・ジェル・クリームが入ったスターターセット2週間分(10,368円相当)を 8,208円(税込)でおためしできます。

美容のプロや芸能人も愛用してるクオリティの高い化粧品なので、” 攻める素肌ケア ”を私も試してみたいと思います。

C-マックスローション




エイジングケアの代表成分「ビタミンC誘導体」と「レチノール」両方を贅沢に高配合した化粧水です。有名メイクアップアーチストや芸能人の愛用者も多く、コスメ雑誌にも多数紹介されています。

エステや美容クリニックで使用されてる濃度と同レベルなので、本格的なケアを自宅でできる便利なコスメです。

初回は半額でおためしできるので、クリニックレベルのお手入れをお得に体験できるチャンスです!

まとめ

レチノールは、「セラミド」や「ビタミンC誘導体」と同様に、エイジングケアに最適な美容成分です。

ビタミンC誘導体の化粧水、レチノールのアイクリーム、セラミドの美容液がそろえば、かなり効果の高いのスキンケアが実現します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする