クレンジングおすすめランキング【2018年版】

毎晩、メイクを落とすために使うクレンジング。

クレンジングは、スキンケアのなかで最も大切といわれています。なぜなら、肌にいちばん負担をかけるからです。

クレンジングには、肌への刺激がつよい界面活性剤はふくまれてるものが多く、丁寧すぎるクレンジングは、シミや肌荒れ、炎症、肌老化の原因になります。

きちんとスキンケアしてるのに肌の調子がイマイチ・・という方は、一度お使いのクレンジング剤や洗い方を見直してみましょう。

若返りのクレンジング方法やおすすめのクレンジングを紹介します。

すぐにおすすめのクレンジングを知りたい方は、『クレンジングおすすめランキング』をご覧ください。

正しいクレンジングとは

油性のメイクを落とすために必要なクレジングには、メイク料を肌から浮き上がらせて水で洗い流すために、油と水をなじませる界面活性剤がつかわれています。

界面活性剤が皮脂やセラミドを洗いながしすぎてしまうと、肌のバリア機能が弱まってしまい、肌荒れや乾燥肌、敏感肌などの原因になってしまいます。

日本人は何事も丁寧にやりすぎてしまう傾向があるため、まちがったクレンジングや洗顔により、みずから敏感肌や乾燥肌になってクリニックへかけこむ方も多いそうです。

そうならないためにも、正しいクレジング方法を実践しましょう。

まず、マスカラやアイラインのポイントメイクには、界面活性剤が入っていないオリーブオイル100%のクレンジングオイルをコットンにたっぷり含ませて、まぶたに1分ほどのせてなじませてから、ふき取るというよりも、そっとやさしくぬぐう感じで落とします。

アイメイク専用のリムーバーもありますが、洗浄力を高めるために界面活性剤が多く配合されていますし、薄くデリケートな目元の皮膚にかなりの負担になります。さらに、コットンによる摩擦も加わりますので、シミ・シワ・炎症の原因になってしまいます。

たまに使用する程度でしたら大丈夫ですが、毎日しっかりアイメイクをされる方には、できるだけ肌に優しいオリーブオイル100%のクレンジングをポイントメイク用に使用することをおすすめします。

つぎに、顔全体のクレンジングには、肌への負担がすくなく洗浄力も適度にあるクリームタイプまたは乳白色のジェルタイプが最適です。

量は、商品によって異なりますが、だいたい500円玉くらい。適量をたっぷり使うことで、肌への摩擦がすくなくなります。

そして、できるだけ手早くおこなうことがポイントです。30~40秒ほどで顔全体にやさしくなじませて、30秒くらいですすぎます。

最初にTゾーンからはじめて、Uゾーン、目のまわり、あごまわりへと指の腹でやさしくなじませていきます。へこみのある小鼻や唇の下の細かいところも、指先をくるくるしながらやさしくおこないます。

ゴシゴシしたり、マッサージは禁止です。

すすぎは、ひと肌くらいのぬるま湯で洗い流します。つめたい水では油がかたまってしまい、汚れが落ちなくなってしまうので、必ずぬるま湯ですすぎましょう。

水圧を弱めにしたシャワーですると、手よりも早くすすぐことができて、すすぎ残しも防ぐことができます。

クレンジングの種類と選び方

クレジングの種類には、「ふき取るシートタイプ」「オイルタイプ」「ジェルタイプ」「クリームタイプ」「ミルクタイプ」があります。

メイクオフ力がある分、界面活性剤を多いため、肌への刺激が高まりますので、その日のメイクの濃さによって、クレジングタイプをえらびましょう。

一番洗浄力があり肌への刺激が強いタイプは、「ふき取るシートタイプ」です。
界面活性剤の力のみでメイクを落とすためダメージが大きく、ふき取りによる摩擦や傷がつきやすいため、できるだけ使用をさけたいクレンジングタイプです。

つぎに、肌ダメージが大きいのが「オイルタイプ」です。
簡単にメイクオフできるため人気がありますが、界面活性剤が多く含まれているので、しっかりメイクをした日のみ使うのがよいでしょう。

デイリーメイクでしたら、適度にかたさがあるクリームタイプや乳白色のジェルタイプが最適です。

薄いメイクの場合は、肌にやさしいミルクタイプで大丈夫です。

年齢別にいうと、10~20代は「ミルクタイプ」。30代は「ミルクまたはクリームタイプ」。40代は「クリームタイプ」。50代以上は5000円以上の[コクのあるクリームタイプ」が理想です。

クレンジングおすすめランキング

正しいクレンジングについて理解すると、肌へ負担をかけない優しいクレンジングを選びたくなります。

女性雑誌で話題の新製品やフランスの老舗ブランドが開発したもの、界面活性剤無添加のクレンジングなどを厳選しました。

P.G.C.D. ペー・ジェー・セー・デー スキンケアトライアルセット



世界で知られるフランス・ロルコス社と2年の歳月かけて共同開発した、究極のスキンケア石鹸です。ファンデーションがいらない美しい素肌づくりをめざしたコスメブランドです。

朝用の白い石鹸は、睡眠中に蓄積した皮脂を取りのぞいて、明るい透明感のある肌へ。

夜用の抹茶色の石鹸は、毛穴のよごれや古い角質、そしてメイクもしっかり落としてくれます。クレンジングやダブル洗顔がいらないので、肌への負担もすくない優しいお手入れです。

このユニークなふたつの石鹸は、フランスのコスメ大賞「ヴィクトワール賞」に世界ではじめてえらばれた洗顔石鹸です。フランスの美容家たちにも大絶賛されました。

P.G.C.D.スキンケアトライアルセット(30日間全額返金保証つき)には、2週間おためしできるふたつの洗顔石鹸と美容液がはいっています。

P.G.C.D.が提案する、朝晩の洗顔と美容液のみで肌の再生力を育てるシンプルケアを体験することができます。

自然の香りなど、大変使い心地もよい製品なので、おすすめです。

P.G.C.D.トライアルセットの詳細はこちらを参照ください。

毎日、クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・クリームでスキンケアしてるのに、なぜか肌に元気がない・・なにを使っても手ご...

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング



美容皮膚科医も認めた毛穴ケアもできる乳白色のジェルタイプのクレジングです。

石油系界面活性剤をつかわず、弱酸性で肌のバリア機能を守りながら優しくメイクオフすることができます。

数々の人気女性雑誌にも多数掲載され、WEBメディアでも話題にもなっています。

本品1本3,076円(税込・送料無料)を購入すると、初回購入特典として、もう1本プレゼントになります。

天然アロマの香りもよく、使い心地もよい製品です。

モイストゲルクレンジングの詳細はこちらを参照ください。

年齢とともに広がっていく毛穴・・・ いちご毛穴やブラックヘッド、20代後半から増えはじめる頬のたるみ毛穴・・・ ...

ハレナ ホットクレンジングジェル



今年2018年の数々の女性雑誌に掲載され話題になった、国産初のオーガニックホットクレンジングジェルです。

ハレナは、芸能人やモデルママの愛用者が多いため人気のあるコスメブランドで、赤ちゃんも使える優しい製品を数多く提供していて、マザーズセレクション大賞にもえらばれています。

2018年12月号「美ST」で、温めタイプのクレンジングとして紹介されたり、2018年11月号「美的」では、血行促進もできるクレンジングと話題になりました。

利用回数にしばりのない定期便を利用すると、初回70%OFFの980円(送料無料)で購入できます。いつでも定期便は休止・解約できますし、お届けのサイクルは自由にえらぶことができます。

じんわりと温まる感じが、これからの季節にぴったりです。

ハレナ ホットクレンジングジェルの詳細はこちらを参照ください。

敏感肌におすすめクレンジング誕生! 毛穴の黒ずみ・ごわつきが気になるけど、洗浄力のあるクレンジングでは、カサつきやかゆみがあるので使えない...

クレンジングバーム


タレントの安西ひろこさんなど、モデルや芸能人の愛用者も多いクレンジングバーム。

2018年5月号で「洗うたびに透明肌に近づくクレンジング」の特集で、クレンジングバームが1位にえらばれました。

口コミでも、毛穴のザラザラやくすみがきれいになったという声が多く、評価も高いです。

人気女性雑誌にも多数掲載され、メディアでも話題に。

クレンジングバーム30日間体験コースでは、通常4,800円の本品を960円(税込・送料無料)で購入することができます。30日間全額返金保証もついているので、敏感肌や肌の弱い方でも安心しておためしできます。

ママコスメ バームクレンジングの詳細はこちらを参照ください。

mama cosme クレンジングバーム 2018年3月にweb発売されて以来、大人気の「ママコスメ クレンジングバーム」。 ...

日本オリーブ オリーブマノン



アイメイクなどのポイントメイクを、肌にできるだけ負担をかけずにメイクオフできる100%オリーブオイル。

岡山県牛窓にあるオリーブ栽培から化粧品やバス用品、食品のオリーブオイルやドレッシングなどを製造してる日本オリーブ社の製品です。

国産の高級オリーブオイルとしても知られていますし、自然派コスメとして有名雑誌やメディアでも多数紹介されています。

そのなかでも、クレンジングのオリーブマノンは、年間販売数10万個以上ある人気商品です。

スキンケアとして、クレンジング・オイルパック・オイルパック・オイルマッサージに使用したり、ヘアケアとしてスタイリング、またネイルケアにと幅広く使うことができます。

毎日しっかりアイメイクをされる方に、ポイントメイク専用のクレンジングとして、ぜひ使ってほしい商品です。きっと数年後の肌に差が出てくると思います。

まとめ

クレンジングのことを知ると、いつもよりも優しく丁寧に、そして素早く洗う習慣が身につきます。そして、いままでなんとなく選んできたクレンジングも、肌にやさしいものを選ぶようになります。

クレンジングや洗顔のあとは、やわらかいタオルでおさえるように水気をふきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする